四季を感じる山梨の観光ツアー

山梨において和紙を作るツアーがある

電子化が進むにつれて、紙を使う機会がどんどん減ってきています。何かに応募しようと思うとはがきを使ったものですが、インターネットや携帯電話を使うようになっています。会社でもどんどんペーパレス化が進んでいて、文字を書いたりする機会も減っています。そんな紙ですが、書くためのものだけとは限りません。いろいろな用途に使われることがあるのです。紙といいますと破けやすい物のイメージがありますが、強い紙も存在します。

強い紙の一つとして知られているのが和紙になります。障子であったり、ふすまなどで使われているかもしれません。最近はそういった住宅も減っていますが、それらに使われたのは強いからになるでしょう。和紙に関しては、基本的には手作業で作られることになります。すくようにして作っていくのです。この和紙の有名なところとして山梨県があります。大きく2箇所の伝統のある和紙があると言われています。どちらも歴史のあるところです。

ツアーを利用して、和紙づくりを体験することができるようになっています。実用的な工場と、体験をすることが出来る場所が用意されています。ですから、旅行者も安心して作ることができます。和紙を作るときは、紙の厚さが均等にならないといけません。厚さに差があると、破けやすくなってしまいます。その辺りを気をつけながら作るようにすると良いでしょう。最初はうまくできなくても、徐々にきれいに均等に作ることができるようになります。
Copyright (C)2017四季を感じる山梨の観光ツアー.All rights reserved.